第25回 秋華賞 予想キャンペーン結果

  • 2020.10.18 Sunday
  • 18:59

デアリングタクトの優勝、当たり前という感じですね。

 

 

馬場の外が伸びるのでしょうから、内の馬は全くダメですね。

 

 

リアアメリアは先行できたので良かったのですが、直線でもっと外を走れていれば面白かったと思いました。

 

 

 

 

秋華賞よりも 私のPOG指名馬ですが、土曜日の紫菊賞でヨーホーレイクが、今日のもみじSでアスコルターレが勝ってくれました😄

 

 

ヨーホーレイクは良馬場なら もっと弾けるとは思いますが、なんとか差し切れたという感じでは、ダービーを勝てる と、まだ大きなことは言えませんね。

 

 

しかし、新馬戦の時よりも馬体がだいぶ成長しているようですし、順調に行ってくれれば、クラシックが非常に楽しみです。

 

 

次走はホープフルSにするのか、東スポ杯で今年は終えるのか、するとも東スポ杯か京都2歳S→ホープフルSにするのか、ローテーションも楽しみです。

 

 

 

もみじSは日刊競馬で指名したアスコルターレが勝ちましたが、2着のヒトヨギリをJRA-VANで指名しているので、非常に嬉しいです😄

 

 

アスコルターレは、前走 戸崎の訳のわからない騎乗で滅茶苦茶にされて どうなることかと思いましたが、松山が新馬戦に続いて勝たせてくれて感謝しています。

 

 

新馬戦は逃げ切り勝ちなので、前走の最後方からの大外ぶん回しは、負け覚悟の脚質の幅を広げる ということだったのでしょう。

 

 

このレースは中団から外の馬場の良いところを通って差し切ったので、前走が生きたのかもしれません。



松山は秋華賞の良い練習になったのでしょう。

 

 

次走は朝日杯ですかね。

 

 

今のところ、ステラヴェローチェとのワンツーを期待しています。

 

 

 

ヒトヨギリは、ルメールが上手く逃げてくれたのに残念でした。

 

 

ヒトヨギリが勝ってくれた方が、JRA-VANの賞金÷指名者のポイントがだいぶ増えて良かったかな と思いますが、次走1勝クラスで確実に勝てると思いますので楽しみになりました。

 

 

今週は紫菊賞ともみじSを勝ちたかったので、先週のサウジアラビアRCに続いて良い週末でした。

 

 

 

 

 

 

 

第25回 秋華賞 予想キャンペーン

  • 2020.10.17 Saturday
  • 20:32

 

 

 

 

 

普通に考えれば、デアリングタクトが勝つのでしょう。

 

 

しかし、私はリアアメリアにしました。

 

 

 

去年の今頃は、リアアメリアが阪神JF 桜花賞 オークスを勝つと思っていたのに、全く外れてしまいました。

 

 

2歳と春は、気性がおかしくならないように、おっかなびっくり調教をやっていたから、もうひとつ 成長できなかったのかもしれません。

 

 

そして、スピードの違いで逃げ先行が本来の脚質だと思うのですが、制御不能になるかもしれないと、後ろからの競馬にしたことが、本来の力を発揮できなかったのかもしれません。

 

 

夏を越して精神面の成長ができたようで、前走のローズSは先行抜け出しで、やっと力を発揮できる形になったのではないかと思います。

 

 

明日 内の馬場がどうなのか分かりませんが、デアリングタクトに勝つには先行押し切りしかないと思います。

 

 

オークスのように、デアリングタクトの後ろから追い込んでも抜けないです。

 

 

 

3歳最後の1冠だけでも、リアアメリアに勝たせてやりたいです。

 

 

 

 

 

213年目 種付けと出産、ナシームへの売却

  • 2020.10.14 Wednesday
  • 18:02

次の馬はGIを4勝で、秋華賞と大阪杯勝ちがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのヘニーヒューズからサクラローレルへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ヘニーヒューズから産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘニーヒューズを付けて、母よりスタミナが上がるとはビックリしました。

 

 

そして この馬は、フェブラリーS4連覇を含むGI13勝もできたのも驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを6勝して、5歳時に宝塚記念を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのヨハネスブルグから 見事のモーリスへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ヨハネスブルグから産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは母よりもスタミナが落ちてしまいました。

 

 

しかし 早熟のおかげもあり、朝日杯と秋華賞を勝てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の牡馬をナシームへ売却しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GIを5勝して、次のGIを勝ちました。

 

 

3歳  NHKマイルC

      スプリンターズS

      マイルCS

      チャンピオンズC 

 

5歳  高松宮記念

 

 

 

そして 売却で貰ったのが次の物です。

 

        

 

 

 

 

 

 

 

妥当なのか分かりませんが、こんなものなんでしょう。

 

 

以前は 自家製種牡馬として使うかもしれないから と売りませんでしたが、今は使いませんので、どんどん売るつもりです。

 

 

ただ、今は牝馬ばかりですので、売る機会があまりないのですが😄

 

 

 

10/6〜11 究極海外凄馬記念(リファール1972、ジャスティファイ-覇走-)

  • 2020.10.06 Tuesday
  • 17:27

 

 

 

 

 

馬蹄石がだいぶ貯まったので、抽選をやりました。

 

 

50回やりまして、確定枠以外45回中 ☆5は14個です。

 

 

確率どおりですね。

 

 

 

 

初めての種付け権は、シングスピール-剛健-が出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シングスピールはジャパンカップを勝っているんですね。

 

 

そして ドバイワールドカップも勝っていますから、なかなか凄い馬だったんですね。

 

 

 

パラメータは、実績と安定がAなので嬉しいです。

 

 

才能は、使えるGIが多くて 条件が緩いので、ありがたいですね。

 

 

完璧な配合で付けてみたいです。

 

 

 

 

第54回 スプリンターズステークス 予想キャンペーン結果

  • 2020.10.04 Sunday
  • 18:42

土曜日は外差しが決まっていたそうなので、普通にグランアレグリアで良かったですね。

 

 

モズスーパーフレアは内が伸びないということなのでしょうが、ビアンフェに競られて、あれでは勝てないですね。

 

 

ビアンフェは最下位ですから、ただ単に藤岡兄が嫌がらせをしたという感じですね。

 

 

でも、ゲートになかなか入らなかったそうなので、発走後に制御不能になったのかもしれませんね。

 

 

いい迷惑でした。

 

 

 

 

 

ということで、スプリンターズSはどうでもよく、問題のサフラン賞ですが、サトノレイナスが快勝してくれて良かったです😄

 

 

新馬戦の結果から タウゼントシェーンはGI級の器だと、多くの人が言っていたので怖かったのですが、大したことなかったみたいですね。

 

 

サトノレイナスはスタートはあまり良くなかったですが、出遅れというほどではなく、無理に前に行かないで、ルメールは良い進路ができるのを後方で待っていた という気がします。

 

 

タウゼントシェーンの戸崎がわざわざ外へ持ち出したところを、タウゼントシェーンが本来通るところを通って、ポッカリ前が開いて楽に外へ持ち出せて、差し切ったという感じですね。

 

 

ルメールと戸崎のレベルの差を感じました。

 

 

とはいっても 騎手のレベル差だけではなく、中山コースが合わない 距離がベストではない、といった懸念があったにも関わらず、サトノレイナスは楽に勝てた印象なので、この夏に相当な成長があったのではないかと思います。

 

 

だからといって、阪神JFを簡単に勝てるとは思っていませんが、この勝ちでGI勝利に近づいた という気がします。

 

 

非常に面白くなりました😄

 

 

 

第54回 スプリンターズステークス 予想キャンペーン

  • 2020.10.03 Saturday
  • 20:29

 

 

 

 

 

 

モズスーパーフレアに投票しました。

 

 

高松宮記念は全く人気が無くて勝ったわけですから、また勝てるとは思えないのですが、去年のこのレースを2着で 中山実績が抜群なので、この馬にします。

 

 

でも 騎手が不安ですし、ダイメイフジ ラブカンプー ビアンフェ たちが強引に逃げを主張して予想外のハイペースになるかもしれませんから、どうなりますかね。

 

 

 

 

 

グランアレグリアは、中山が初めてなのでやめました。

 

 

東スポの上田記者と同じ本命はロクなことがないのも、やめた理由です。

 

 

 

 

 

ダノンスマッシュは、いつものように前哨戦で勝って 本番で負けるとみました。

 

 

川田騎手がGIをいつ勝ってもおかしくないと思いますが、どうも信用できないですね。

 

 

秋華賞は、それでも リアアメリアにしようとは思っていますが。

 

 

 

 

 

レッドアンシェルとエイティーンガールは、前走勝ってますし 騎手で勝ってもおかしくないと思いますが、GI連対実績がないので、勝つまではどうかな と思います。

 

 

 

 

 

しかし 私は、スプリンターズSも凱旋門賞もどうでもいいです。

 

 

明日のサフラン賞で、POG指名馬のサトノレイナスとグランデフィオーレが走ります。

 

 

タウゼントシェーンが強敵なので、気が気でないです。

 

 

サトノレイナスがここを勝って、阪神JFに万全な態勢で臨んでもらいたいですね。

 

 

 

212年目 種付け、出産

  • 2020.10.03 Saturday
  • 18:56

次の馬はGIを9勝して、3歳時に宝塚記念と有馬記念を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのムーチョマッチョマンからデヒアへ繋ぎ、その後は改めて調べます。

 

 

ムーチョマッチョマンは有効な因子が2つあるので決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ムーチョマッチョマンから産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母より根性が下がってしまいました。

 

 

それでもGIを複数勝てると思ったのですが、エリザベス女王杯しか勝てませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGI3勝して、ヴィクトリアマイルを連覇しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのヨハネスブルグから、完璧のゴールドシップ→見事のホッコータルマエへ繋がりますので決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ヨハネスブルグから産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタミナがDで良かったです。

 

 

しかし、このパラメータで成長タイプが4メモリですので、クラシックはあまり期待していませんでしたが、桜花賞を勝つことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを5勝して、秋華賞 エリザベス女王杯を連勝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スターマンから、よくできたのヴィクトワールピサ→シンコウキングへ繋ぎます。

 

 

有効な因子がそこそこありますので決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父スターマンから産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スターマンを付けるのは 少し不安でしたが、このパラメータなら安心しました。

 

 

しかし、GIの連対はエリザベス女王杯の2着だけで残念でした。

 

 

 

 

余談「モーリス産駒」

  • 2020.09.27 Sunday
  • 20:09

モーリス産駒はよく分からないですね😄

 

 

最初の時は、道悪がダメ という感じでしたが、その後はタイムのかかる馬場が良い ということになりました。

 

 

1回叩いて勝つ馬が出てきましたので、最初のころは絞れなくて負けていた ということかもしれません。

 

 

カイザーノヴァのデビュー戦は464圓妊ロバー賞は452圓覆里如△修里阿蕕い梁腓さの馬が良い気がしますが、ピクシーナイトが528圓膿掲論錣魏勝しましたので、なんとも言えませんね。

 

 

1回叩いてセブンサミットが勝つかと思いましたがダメでした。

 

 

セブンサミットはしっかり調教をしていないので、そちらの問題だとは思いますが。

 

 

じっくり調教をして この時期まで待ったのだからルペルカーリアは勝つと思いましたが、勝てなかったのもよく分かりませんね。

 

 

しかし 勝った馬がモーリス産駒だったので、やはり この時期のデビューが良いのだろう とは思います。

 

 

 

 

ということで、モーリス産駒は信用できない と思っています。

 

 

ようするに、晩成ということなんでしょう。

 

 

牧場の評判をあっさり覆す馬が多くて、いつデビューできるか分からない馬が多いならば、来年5月段階のPOG指名はちょっと厳しい気がします。

 

 

指名するならば、カイザーノヴァが一番の活躍馬というのを考えて、社台グループ以外の生産馬を狙うのが良いかもしれません。

 

 

あと デビュー前までに指名できるPOG専用にして、じっくり見極めるのが良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

来年になれば、また新種牡馬産駒からの大物探しに躍起になって、モーリス産駒はどうでもよいことになると思いますし、モーリス産駒の血統傾向がいろいろ分かると思います。

 

 

ノーザンファームさんが、6月にモーリス産駒が新馬戦を6勝する と言っていましたが、来年は冷静に見て 楽しみたいと思います。

 

 

 

211年目 種付け、出産

  • 2020.09.27 Sunday
  • 18:39

次の馬は阪神JF勝ちだけですが、ホープフルS NHKマイルC オークスを2着でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォーティナイナー→シンコウキングに有効な因子が多いので決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父フォーティナイナーから産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母よりスタミナが上がって良かったです。

 

 

スプリンターズSを3連覇して、芝短距離で活躍してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを6勝して、皐月賞ダービーを勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムーチョマッチョマンから、よくできたのギャロップダイナ→トウショウボーイを付けます。

 

 

トウショウボーイを付けたかったので決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ムーチョマッチョマンから産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この馬も 母よりスタミナが上がってくれました。

 

 

GIを2勝しかできませんでしたが、まさに早熟のおかげで、朝日杯とダービーを勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを2勝して、NHKマイルCと6歳時にヴィクトリアマイルを勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのサクラローレルから よくできたのイナリワンへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父サクラローレルから産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この馬は母よりスピードが上がってくれて良かったです。

 

 

スタミナDですが、天皇賞(春)を勝てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを8勝して、ジャパンカップを連覇しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事のホッコータルマエから、よくできたのスマーティジョーンズ→ビワハヤヒデへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ホッコータルマエから産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事な配合ですが、スタミナが下がってしまい残念です。

 

 

しかし、天皇賞(秋)を連覇することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを3勝して、5歳時に天皇賞(秋)を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タヤスツヨシから、よくできたのクロフネ→タイキブリザードへ繋ぎます。

 

 

この辺りは、☆5の種牡馬で よくできた配合なら良いという考えだったようです。

 

 

リーディングオーナーズの時などは、種付けを早く終わらそうと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父タヤスツヨシから産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根性がBで良かったです。

 

 

そして 母の非凡な才能を引き継げて良かったのですが、結局 GIで連対できずに残念でした。

 

 

 

210年目 スタミナEの牝馬、ナシームへ売却

  • 2020.09.17 Thursday
  • 17:41

次の馬はGIを3勝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピードと根性がBで 一見強くみえますが、スタミナがEなので、どこまで通用するのかな と思っていました。

 

 

 

晩成なので4歳から強くなってきまして、金鯱賞 マイラーズCを勝って、ヴィクトリアマイルを走らせました。

 

 

2番人気で、2番手から抜け出して初GIを掴みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の年の5歳でもヴィクトリアマイルを勝てました。

 

 

前年のヴィクトリアマイルの勝利から GIの連対をなかなか出来ず、前走の高松宮記念2着から、2番人気で 3番手からの抜け出しでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして この5歳では、チャンピオンズCも勝つことが出来ました。

 

 

勝ってくれて嬉しいのですが、1800辰離澄璽肇譟璽垢覆里如▲好織潺Eの馬が勝ってはいけないと思います😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、勝ったGIは牝馬限定とダートなので、勝つのは難しくないわけですが、スタミナEでも スピードがBあれば十分戦えるということでしょうか。

 

 

これが牡馬なら、たぶんGIを勝てないとみて売っていたかもしれませんが、牝馬なら これから期待したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬は、朝日杯 NHKマイルC スプリンターズS チャンピオンズC を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が貰えるか楽しみに、ナシームへ売ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケチくさいですね😄

 

 

自家製種牡馬はほとんど付けないので、何か貰えればいいです。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ダビマス日記

Amazon

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM