184年目 天皇賞(春)連覇

  • 2019.07.18 Thursday
  • 23:41

次の馬はGIを4勝しました。

 

 

そんなに強いわけではなかったのですが、4歳と5歳時に天皇賞(春)を勝ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強くなるのは3歳になってからだろう と思っていたのですが、2歳から結果を出してくれました。

 

 

 

阪神JFは強敵が3頭いて4着でしたが、思ったより善戦しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして ホープフルSは3番人気でしたが、レイデオロを見事に差しきりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予想外の勝利でしたが、ホープフルSを勝てたことで、牝馬ですが クラシックは皐月賞ダービーを狙ってみようと思いました。

 

 

しかし、皐月賞は5番人気の3着だったので、勝てそうなオークスに狙いを変えたのですが、4着でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋は、秋華賞はさすがに勝てるだろう と思っていましたが、神戸新聞杯を叩いた後、秋華賞の1週前にやってしまいました😞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソエで秋華賞は出れなくなってしまい残念でした。

 

 

しかし 11月2週に治りましたので、チャンピオンズCを目標にしました。

 

 

チャンピオンズCは、上手く調子が上がってくれて出走させることができ、3番人気で勝つことができました。

 

 

怪我をしてから1戦目に勝てるとはビックリしました😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4歳春は大阪杯と天皇賞(春)を目標に、4月2週に入厩して阪神大賞典を叩いて向かいました。

 

 

大阪杯は調子が上がらず6番人気の4着でしたが、天皇賞(春)は万全な状態で臨めました。

 

 

1番人気で圧勝でした😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、宝塚記念4着、天皇賞(秋)2着、ジャパンカップ3着、有馬記念5着 と、もうひとつの成績でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5歳春も、天皇賞(春)までは悪い成績でしたが、天皇賞(春)は突然強くなりました😄

 

 

3番人気で、1番人気はメイショウサムソンでしたので、勝てるかなぁ と思いましたが、抜け出したメイショウサムソンをゴール前でキッチリ差しきりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後はGIを勝てずに7歳で引退させましたが、この馬は ホープフルS チャンピオンズC 天皇賞(春)連覇 と、変わった戦歴なので印象に残りました。

 

 

 

 

 

余談「ブルトガング 回復してくれ」

  • 2019.07.08 Monday
  • 18:06

クラブから一口馬主の方に連絡があったそうなんですが、ブルトガングの容態が急変したそうで、昨日から横になったまま立ち上がれなくて危ないそうです。

 

 

最初はガセ情報を流しやがって と思ったのですが、クラブからの連絡では認めるしかありません。

 

 

競走馬として成功できるところまで育ったのに、まさか こんなことが起きるなんて、という気持ちで一杯です。

 

 

母のタピッツフライがブルトガングを産んで亡くなっているので、ブルトガングも不運に見舞われるとは、本当にかわいそうです。

 

 

まだ2歳なので、生き長らえさせてやりたいです。

 


回復を祈っています。





追伸



結局 ブルトガングは亡くなってしまいました。



腰フラと言われる症状で立てなくなり、安楽死となったようです。



非常に残念です。



もし競走馬として生まれ変わったら、ダービーを勝たせてやりたいです。



ご冥福をお祈り致します。




 

6/27〜7/3 はむリンのドリームボール

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 17:45

 

 

 

 

 

最近、無料分であまりFEVERポイントを稼がせてくれないので、有料の馬蹄石を使っていなかったのですが、秋桜色のお守りの補充ということで、今回はやってみました。

 

 

無料分5回×7日、有料分10回×10回と7回で107回です。 

 

 

FEVERポイントは936ptまでいきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主なものは次の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋桜色のお守りは2個当たって、FEVERポイントのと合わせて3個手に入りましたので、大成功です😄

 

 

ここでディープインパクトとキングカメハメハが手に入るのは、新鮮でちょっと得した気分です。

 

 

アロゲートは当たった記憶がないので、これも得した気分です😄

 

 

 

 

 

 

余談「2018〜19 POG 結果」

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 12:39

この期は、クラージュゲリエが札幌2歳S3着だったこともあり、スタートが良かったので独走でトップになると思ったのですが、結局GIを勝てなかったので5人中3位でした。

 

 

やはり、GIを勝てないとダメですね。

 

 

 

では、1位の馬から成績を記していきます。

 

 

 

 

1位 ダノンチェイサー

       

未勝利1着、500万下1着、きさらぎ賞1着、NHKマイルC4着

 

 

 

2位 サトノジェネシス

 

未勝利1着、500万下1着

 

 

 

3位 ベルクワイア

 

勝ち上がれず

 

 

 

4位 ソルドラード

 

勝ち上がれず

 

 

 

5位 ジャミールフエルテ

 

新馬1着、萩S2着

 

 

 

6位 ルガールカルム

 

新馬1着、クロッカスS2着、アネモネS1着

 

 

 

7位 クラージュゲリエ

 

新馬1着、札幌2歳S3着、京都2歳S1着、共同通信杯3着、皐月賞5着

 

 

 

8位 サラミス

 

勝ち上がれず

 

 

 

9位 ワールドプレミア

 

新馬1着、京都2歳S3着、500万下1着、若葉S2着

 

 

 

10位 シークレットアイズ

 

未出走

 

 

 

 

ダノンチェイサーとクラージュゲリエがG靴鮠,辰討れましたので、この2頭には感謝しています。

 

 

 

ダービーに4頭が出走できると思っていたのですが、ダノンチェイサー サトノジェネシス ワールドプレミア が怪我をしてしまい、非常に悔しかったです。

 

 

ダノンチェイサーに至っては、NHKマイルCでルメールにぶつけられての怪我ですから、本当に悔しかったです。

 

 

 

 

未勝利と未出走の4頭ですが、これは反省材料です。

 

 

近親にダート馬が多いベルクワイアは、直線でのキレがなかったようなので、ダート馬だったのかもしれません。

 

 

上位で、ロードカナロア産駒のダート馬を指名する必要はなかったです。

 

 

 

ソルドラードは、母のラドラーダが優秀な繁殖牝馬だと思っているので指名しましたが、サンデーサイレンスが入っていなくて、母父シンボリクリスエスがロードカナロアに合わなかったのかもしれません。

 

 

 

サラミスは池添学厩舎でしたが、この厩舎はやはりダメかな と思いました。

 

 

ほとんどノーザンファームがやってくれる厩舎なので、池添学調教師には問題ないのかもしれませんが、レースまでの調教がちゃんと出来ているのかなぁ という疑念が消えません。

 

 

 

 

シークレットアイズは、馬主の山本英俊さんと相性が悪いのかもしれません。

 

 

近親のサトノヴィクトリーの失敗から、マルジュが入ればディープインパクトに合うはずと思って狙っていたのですが、見事に失敗しました。

 

 

 

 

全体的には、指名に成功したと思います。

 

 

しかし、今期はGIを勝つために馬の選び方を変えて、グランアレグリアやサートゥルナーリアのような馬を探すことにしました。

 

 

そして、2頭と同じ早期入厩馬から指名したのが、リアアメリアとブルトガングです。

 

 

この2頭は新馬戦を強い勝ち方をしましたので、今のところ成功したのではないかと思っています。

 

 

あと、現在デビューした5頭中4頭が新馬勝ちしています。

 

 

今期は、非常に楽しみです。

 

 

 

 

6/2〜28 宝馬祭(目玉はトゥルーナイト、プルーデント)

  • 2019.06.28 Friday
  • 20:19

 

 

 

 

 

初回の馬蹄石が150個ということで、1回だけやりました。

 

 

珍しい血統の種牡馬が出てくるので、種牡馬のバリエーションを増やすのに良いですね。

 

 

初めての種牡馬は2頭出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロングエースは、実績安定底力がBで、非凡な才能がずいぶんと限られているので、それほど期待は出来ないかなぁ と思います。

 

 

 

メジロムサシは実績と底力がAなので、私はこちらの方が気に入りました。

 

 

 

今いる繁殖牝馬で見てみましたが、2頭とも繋ぎの種牡馬として使うには良さそうですが、メジロムサシの方がよくできた配合が多いかな と思いました。

 

 

 

そして、ロングエースの交換レートが3000ポイント、メジロムサシの方は2500ポイントなので、3個づつ手に入れました。

 

 

 

 

 

第60回宝塚記念 予想キャンペーン結果

  • 2019.06.23 Sunday
  • 17:11

上半期の最後を飾れませんでした。

 

 

海外帰りの馬を切って、レイデオロが来なかったのは良かったですが、香港帰りのリスグラシューは1着になってしまいました。

 

 

香港帰りは勝ち馬候補に入れていいかなぁ とは思いましたが、前走から2ヶ月弱なので期間が短いと思いました。

 

 

昨日の土曜競馬で、矢作調教師が自信満々だったので、信じれば良かったですね。

 

 

2番手→逃げ馬で決まりましたから、虎石さんの言う通り、前が止まらない馬場でした。

 

 

内の馬場がだいぶ荒れているそうなので、キセキはスタミナの消耗が大きかったのかもしれません。

 

 

改めて馬柱を見ると、リスグラシューが今一番充実している感じですね😄

 

第60回宝塚記念 予想キャンペーン

  • 2019.06.23 Sunday
  • 01:20

 

 

 

 

 

 

予想キャンペーンは、宝塚記念のあとは当分ないので、当てたいですね。

 

 

 

 

 

ヴィクトリアマイルは海外帰りのアエロリットを本命にしましたが、去年 海外帰りの初戦がGI戦の馬はみんなダメだったんですね。

 

 

過去の宝塚記念に関しても、勝ち馬は出ていないようですね。

 

 

ということで、海外帰りの馬は全て切ります。

 

 

勝てそうだと思うのは、キセキ エタリオウ アルアイン スティッフェリオ マカヒキ です。

 

 

やはり、GIは騎手を重視してしまいますね。

 

 

そうなると、人気上位で川田騎手の乗るキセキを選びたいと思います。

 

 

宝塚記念に強いステイゴールド産駒や、在厩調整で最終追いの良いマカヒキ も怖いんですけども。

 

 

アルアインは、前走 人気薄で勝ったので、続けて勝てないのではないかと思います。

 

 

 

キセキは、出走馬の中で唯一 最終追いの上がりが11秒台で調子が良いだろう ということと、土曜競馬で虎石さんが 今の阪神は前が止まらない と言っていたので、たぶん逃げるキセキには有利な展開ということで、勝つのではないかと思います。

 

 

ただ、大阪杯の時も思いましたが、相手なりに走る馬なので、また2着かもしれませんね。

 

 

 

183年目 種付け、そして出産

  • 2019.06.21 Friday
  • 18:26

次の馬はGIを9勝で、エリザベス女王杯を1回勝った以外はマイル以下を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前年に種付けして産まれた牡馬は、スピスタ根ACC でしたので、それ以上のパラメータの牝馬を望みました。

 

 

見事のシンコウキングから よくできたのアグネスワールドへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父シンコウキングから産まれたのは牝馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつ上の兄より良いパラメータで良かったです。

 

 

しかも、牝馬でしたので最高です😄

 

 

それにしても、シンコウキング産駒は距離は持ちませんが、強い馬が多いので大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを15勝しました。

 

 

牡馬が2頭続いたので、やっと牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペンドアバックから見事のエピファネイアに繋きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまず、このパラメータで良かったです。

 

 

この馬は3歳で面白い活躍をしました。

 

 

改めて、ご報告します。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを勝てませんでしたが、 GI2着が4回ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事のジャイアンツコーズウェイから よくできたのエルヴストローム を挟んで、見事のジャスタウェイに繋げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも2年続けて牡馬が産まれてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラメータは大したことありませんが、ひとまず育てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬は、母がニホンピロアワーズ×アグネスタキオンで、父がバンブーアトラスです。

 

 

GIは勝てませんでしたが、GIIを4勝しました。

 

 

 

エスンデレヤからキングカメハメハへ見事の配合で繋がりますので、楽しみにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父エスケンデレヤから産まれたのは牡馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事のエスケンデレヤ産駒にしては、酷いパラメータでした。

 

 

牡馬ですので売ります。

 

 

 

 

182年目 種付け、そして出産

  • 2019.06.18 Tuesday
  • 00:06

次の馬はGIを勝てませんでしたが、NHKマイルCとオークスで2着でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのモーリスから よくできたのドゥラメンテに繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父モーリスから産まれたのは牝馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタミナ以外は良いのでいいですが、スタミナEは酷いですね。

 

 

しかし、それでも早熟なせいか、活躍してくれます。

 

 

 



 

 

次の馬はGIを1勝で、秋華賞を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時は、魔神配合を作ろう をやっていて、佐々木さんは好きじゃないので、あまり作りたくなかったのですが、シュヴァルグランに有効な因子が2つありましたので付けました。

 

 

ミホノブルボンから 見事のホッコータルマエへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父シュヴァルグランから産まれたのは牝馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかく魔神配合を作ったのに酷いパラメータですね。

 

 

牝馬なので育てます。

 

 

 



 

 

次の馬はGIを9勝して、連覇はなかったのですが、2歳から6歳までGIを勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事のシンコウキングから よくできたのアグネスワールドへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父シンコウキングから産まれたのは牡馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牝馬でなくて残念ですが、スピードAなので期待します。

 

 



 

 

 

次の馬はGIを15勝して、4歳時に芝短距離とダートを全勝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペンドアバックから 見事のエピファネイアに繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父スペンドアバックから産まれたのは牡馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも牝馬が産まれて欲しかったですが、牡馬は2頭目なので育てます。

 

 

 



 

 

次の馬はGIを勝てませんでしたが、NHKマイルCを含む2着が4回ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事のジャイアンツコーズウェイから よくできたのエルヴストロームのあと 見事のジャスタウェイへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ジャイアンツコーズウェイから産まれたのは、またしても牡馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラメータは悪くありませんが、牡馬が3頭目なので売ります。

 

 

 


181年目 メジロパーマー産駒

  • 2019.06.15 Saturday
  • 19:46

 

 

 

 

 

この馬は、初めてメジロパーマーを付けて産まれた牝馬なのですが、このパラメータですので、あまり期待していませんでした。

 

 

メジロパーマーは以下の通りですが、実績B安定Cなので、産駒のパラメータはしょうがないですね。

 

 

しかし、非凡な才能は使えると思いますので、そこに賭けたいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして この馬は、予想以上に強くてビックリしました😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新馬戦を勝って、中京2歳Sと芙蓉Sも勝てました。

 

 

芙蓉Sは6番人気ですから、まさか勝つとは思いませんでした。

 

 

しかも、以下のようなパラメータでも勝てるんですね。

 

 

まぁ 非凡な才能のおかげだとは思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局 GIは、5歳のエリザベス女王杯しか勝てませんでしたが、メジロパーマーから それなりに強い馬も産まれそうなので、これからの産駒を楽しみにしたいと思います。