第80回 菊花賞 予想キャンペーン結果

  • 2019.10.20 Sunday
  • 22:30

ワールドプレミアが勝ってくれて、最高に嬉しいです😄

 

 

確かに勝つかどうかは半信半疑でしたが、前走からの12堊は神戸新聞杯後からの馬体の成長を裏付けていましたね。

 

 

レースは、スタートが良くて 武騎手がずいぶんと抑えていましたが、落ち着いた後は、ずっと中断の内で我慢できて、4コーナーで遅れることなく、抜け出した後はしっかり走っていて、心の成長も感じられたと思います。

 

 

それにしても、武豊はまだまだ健在ですね。

 

 

直線に入って ワールドプレミアの前がポッカリ開きすぎだろう、と思ってしまいましたが、引っかかりそうになったのを抑え込んで、多頭数の内で我慢させ、前が開いたところを抜け出す、たぶん戸崎騎手あたりでは出来ない芸当ではないかと思います。

 

 

やっぱり大したものですね。

 

 

 

今回、損得考えずに馬を応援したのは久しぶりですね。

 

 

本当に感動しました😄

 

 

 

 

ヴェロックスは、皐月賞馬とダービー連対馬がいないのだから、勝たなければいけないレースだったと思います。

 

 

川田騎手によると、直線で苦しそうに走っていたから 距離が長かったのだろう、ということですが、予想の時に申しましたが、ハーツクライ産駒の菊花賞の成績の悪さが、ジャスタウェイ産駒にも当てはまるのかなぁ と思いました。

 

 

 

 

というわけで、馬蹄石がいくつ貰えるか 非常に楽しみです😄

 

 

 

第80回 菊花賞 予想キャンペーン

  • 2019.10.19 Saturday
  • 17:08

 

 

 

 

 

 

今回は、POG指名馬だったワールドプレミアに投票しました。

 

 

2歳から3歳春は成長が遅く、その上 若葉S後にソエになったので思ったほどの成績を残せませんでしたが、その後の馬体の成長が著しく、春とはだいぶ違う馬になったようです。

 

 

しかし 神戸新聞杯では、サートゥルナーリアとヴェロックスには勝てませんでしたので、この2頭とは まだまだ力の差があるのだと思います。

 

 

神戸新聞杯後に、また馬体の成長が感じられるそうで、ヴェロックスには逆転の可能性があるのではないかと思っています。

 

 

 

ハーツクライ産駒の菊花賞の成績は悪いですね。

 

 

連対したのがウインバリアシオンだけのようです。

 

 

ハーツクライ産駒=ジャスタウェイ産駒とは限りませんが、ヴェロックスは重賞未勝利ですので、人気ほどの信頼性があるとは思えません。

 

 

つけ入る隙があるのではないかと思います。

 

 

たぶんヴェロックスが勝つとは思いますが、飛んだ場合、ルメールが乗っていて 3歳秋に成長するハービンジャー産駒のニシノデイジーの方が勝つかもしれません。

 

 

今回は、当たる当たらない関係なしに、ワールドプレミアに勝って欲しい気持ちで一杯です。

 

 

 

191年目 ナカヤマフェスタ 勘弁してよ!

  • 2019.10.15 Tuesday
  • 18:51

次の馬は、気楽に皐月賞を走らせましたが、非常に失敗しました。

 

 

現在のように藤枝厩舎を使えるのなら、ダービー前の調子落ちを気にせず、目一杯 仕上げたのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラメータは ありふれたものですが、早熟のおかげで、6連勝して朝日杯を迎えました。

 

 

 

京都2歳Sを叩いて 朝日杯は1番人気で、大した馬がいなかったので 余裕で見てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大差の楽勝でした😄

 

 

相手が弱いとはいえ、思ったより強かったです。

 

 

朝日杯後のパラメータを見ると、やはり このゲームはスピード重視ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日杯後は、京成杯 きさらぎ賞を連勝して、3月2週に放牧して 4月1週に入厩しました。

 

 

まだ出ていない牡馬三冠勝利を目標に、ダービーまで調子を持たせようと、皐月賞は仕上がり途上で出しました。

 

 

ここまで無敗ですし、この調子でも勝てるのではないかと思いました。

 

 

1番人気がナカヤマフェスタなので、舐めていました。

 

 

ただ 3番人気だったのは、ちょっと不安でしたね。

 

 

そして 結果は、次の通りです。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

ナカヤマフェスタって、そんなに強かったっけ?と 呆然としました。

 

 

10連勝も阻止されるし、皐月賞馬よりもナカヤマフェスタが強いのは納得できませんが、調整失敗とも言えますし、しょうがないですね。

 

 

 

 

これで三冠馬の目標は無くなりましたので、ひとつでも多くGIを勝とうと思いました。

 

 

NHKマイルは調子が上がり、うじさと牧場の馬に詰め寄られましたが、1番人気で勝てました。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

続くダービーは2番人気で、1番人気がレイデオロでした。

 

 

レイデオロには勝てないかな と思っていたのですが。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

楽勝でした😄

 

 

嬉しいのですが、気づきました。

 

 

これで菊花賞を勝ったら、悔しすぎるなぁ…。

 

 

でも、ムーチョマッチョマンの子供に菊花賞は勝てないだろう、と自分自身に言い聞かせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝塚記念は、ダービー後に調子が落ちたのですが、すぐに調子が上がりましたので走らせました。

 

 

人気はなかったのですが 3着でした。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

宝塚記念後は、函館記念と中京記念を走らせて、8月1週に放牧し、スプリンターズSを叩いて菊花賞へ向かいます。

 

 

 

菊花賞は調子が上がり、2番人気になりました。

 

 

1番人気はラストインパクトで、大したことのないメンバーなので、やっぱり勝っちゃうのかなぁ と複雑な気持ちで見ました。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧の通り 大楽勝でした。

 

 

菊花賞を勝てて嬉しいのですが、ナカヤマフェスタに負けたのが、返す返すも残念です😥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、朝日杯 NHKマイルC ダービー 菊花賞 と勝ち、三冠プラス朝日杯とNHKマイルCにならなかったのは惜しかったのですが、この経験を糧にして、その後 牡馬三冠を勝てましたので、良い失敗でした😄

 

 

 

 

 

 

第24回 秋華賞予想キャンペーン結果

  • 2019.10.13 Sunday
  • 18:09

勝ち馬に予想した パッシングスルーは、見事な大敗ですね。

 

 

私が本命にしたせいでしょう😄

 

 

最初 パッシングスルーと予想し、その後 馬場の悪化から、凱旋門賞を勝ったバゴの子供がいいのではないかと思い、せっかくクロノジェネシスに変更したのに、パッシングスルーに戻ってしまいました。

 

 

今年の高松宮記念のダノンスマッシュとPOG指名馬のサラミスが勝てなかったのを根に持っていますので、北村友一を信用できないですね。

 

 

 

しかし、少なくとも関西GIでは、パッシングスルーに乗った戸崎よりも ずっと信頼できるのでしょう。

 

 

以後 気をつけます。

 

 

 

第24回 秋華賞予想キャンペーン

  • 2019.10.12 Saturday
  • 19:15

 

 

 

 

 

 

土曜日の京都競馬場の芝は不良馬場でしたので、明日の秋華賞は重馬場は必至だと思います。

 

 

ということで、重馬場が得意と思われる馬を勝ち馬に予想しようと思いましたが、本命にしたいと思う馬がいません。

 

 

 

1番最初の直感で浮かんだ馬にします。

 

 

パッシングスルーにしました。

 

 

あまりにも人気がないので 来ない気がしますが、紫苑Sの勝ち馬ということと、3歳秋に成長するルーラーシップ産駒ということで決めました。

 

 

ルーラーシップ産駒は、良馬場から比べると 重馬場以上は成績が落ちるようですが、苦手というほどではないので、問題ないと思います。

 

 

 

 

 

ダノンファンタジーは、前走レコード決着ですから、その反動もあるでしょうし、こんな馬場で勝てるとは思えませんね。

 

 

 

カレンブーケドールは、騎手と初の関西輸送で消します。

 

 

 

馬場の悪化で人気のエスポワールは、2着3着はありそうですが、重賞実績が全くなくて 休み明けなので消します。

 

 

 

クロノジェネシスは、エリザベス女王杯をちゃんとした状態で出すために、秋華賞はぶっつけだそうなので、勝負気配がないと思いました。

 

 

 

 

コントラチェックは初の関西輸送で、ビーチサンバは 秋華賞では1勝馬は勝っていないで、フェアリーポルカは騎手で、消します。

 

 

 

ローズテソーロは非常に人気ですが、私には買う要素が全く分かりません。

 

 

 

それにしても、何が来るか分かりませんね。

 

 

 

パッシングスルーが勝てば、けっこうな馬蹄石を貰えるとは思うので、ワクワクしますが、私の本命では たぶん来ないでしょうね😄

 

 

 

 

190年目 種付け、出産

  • 2019.10.10 Thursday
  • 19:48

この年は配合理論補助をスクリーンショットするのを忘れてしまいました。

 

 

 

 

 

次の馬はGIを5勝しまして、3歳で安田記念 宝塚記念 天皇賞(秋)を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事のエピファネイアから よくできたのリダウツチョイスへ繋ぎます。

 

 

そして、産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ衰えてしまうので 嫌いな成長メモリ1ですが、この馬は凄いことをやってくれました😄

 

 

改めて報告したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを3勝しまして、阪神JF オークス 秋華賞を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのキタサンブラックから、よくできたのケープブランコと見事のスプリットフィンガーへ繋ぎます。

 

 

 

そして、産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母のスタミナがEですので、スタミナは大して上がりませんでしたね。

 

 

しかし、非凡な才能のおかげもありますが、長い距離を勝てました。

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを10勝しまして、フェブラリーSを3連覇しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事のニホンピロアワーズからダルシャーンへ繋ぎます。

 

 

その後は、改めて調べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、産まれたのは牡馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年続けて牡馬ですが、この馬も育てます。

 

 

 

190年目 やっと青鹿毛で桜花賞を勝てました

  • 2019.10.07 Monday
  • 18:28

青鹿毛の馬で晴れの日に桜花賞を1番人気で1馬身差以上をつけて勝つ、という目標をやっと達成しました😄

 

 

以前 雨の日に勝ったことがあって、非常にやり場のない怒りを感じたことがありました。

 

 

それがいつだったのか記録しとけば良かったのですが、ここまで 非常に長い時間が過ぎました。

 

 

 

 

 

桜花賞を勝ってくれたのは、次の馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父がサッカーボーイなので、距離的に大丈夫かなぁ と思いましたが、早熟で このパラメータなら、勝てるのではないか という希望がありました。

 

 

桜花賞で1番人気になるには、阪神JFの勝利は必須だと思うので、デビュー前からの併せ調教の効果と、デビュー後のレース出走で、スピードを何とかBまで上げたかったですね。

 

 

 

阪神JF後のパラメータなんですが、次の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで上がりましたので、桜花賞までにはピークに持っていけるのではないかと思いました。

 

 

 

そして、叩き台に使った東スポ杯を勝って、5戦4勝で阪神JFを迎えました。

 

 

 

1番人気で強敵がいないので、これは楽勝かな と見ていました。

 

 

結果は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大楽勝でした😄

 

 

第1関門 突破しましたね。

 

 

8馬身差ですし、強敵がいても勝っていたかもしれません。

 

 

ホープフルSも、問題なさそうですね😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡馬相手に もっと差をつけてしまいました。

 

 

 

これで、1番人気で桜花賞を勝つのは ほぼ決まったと思いましたので、天候と強敵の頑張りがどれくらいか、運に任せるしかない と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあとは、2月2週に放牧して 3月2週に入厩させ、3月4週のフラワーCを走らせました。

 

 

 

まだ 仕上がっていないので、6番人気の7着に敗れてしまいました。

 

 

 

 

桜花賞で1番人気になれるか、ちょっと不安になりましたが、ちゃんと仕上がりましたので、勝てる自信がありました。

 

 

そして 結果は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと達成できました😄

 

 

長かったですね。

 

 

青鹿毛の牝馬がなかなか産まれなかったので、慌てるのはやめよう と思って自然に任せていましたが、ずっと 喉に小骨が刺さっているかのように気になっていました。

 

 

志乃さんが余計なことを言わなければいいのに、と思っていました😄

 

 

 

結局、良いパラメータだけでなく、早熟であるというのも重要ですね。

 

 

 

それは、牡馬クラシック三冠にも言えますね。

 

 

 

この時点では三冠馬が出ていなかったので、これを参考に挑戦しようと思いました。

 

 

 

そして このナナセサッカーは、このあとGIを勝てませんで、桜花賞を私に勝たせてくれるためだけに産まれてきたようで、大変感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

189年目 種付け、出産

  • 2019.10.05 Saturday
  • 18:22

次の馬はGIを3勝して、スプリンターズS フェブラリーS ヴィクトリアM を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのシンコウキングからエアシャカールを繋ぐと見事のスプリットフィンガーになりますので、これに決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父シンコウキングから産まれたのは、次の牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラメータはあまりよくありませんね。

 

 

しかし、これでGIを7勝もしてくれました😄

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを勝てませんで、総賞金が8040万でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有効な因子は全くないですが、ミホノブルボンから、見事のホッコータルマエとニホンピロアワーズに繋がりますので決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ミホノブルボンから産まれたのは、次の牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラメータは ひとまず良いのですが、成長のメモリが3あれば GIを勝てると思いますが、1では ちょっと微妙ですね。

 

 

すぐ衰えてしまうので、メモリ1は嫌いです😄

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを10勝しまして、フェブラリーS3連覇とヴィクトリアM連覇をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事のニホンピロアワーズを付け、ダルシャーンの後は 改めてゆっくり調べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ニホンピロアワーズから産まれたのは、次の牡馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このパラメータなら牝馬で産まれて欲しかったですね。

 

 

パラメータは良いので育てます。

 

 

 

 

 

全兄全妹の成績格差

  • 2019.10.01 Tuesday
  • 19:15

次の2頭は、父母が一緒で1歳違いの全兄妹ですが、ずいぶんと成績が違ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兄のGI勝利は、

 

 

4歳   マイルCS

 

5歳   高松宮記念

 

6歳   フェブラリーS

 

 

 

 

妹の方は、

 

 

4歳

 

ヴィクトリアM、安田記念、マイルCS、チャンピオンズC

 

 

5歳

 

高松宮記念、ヴィクトリアM、安田記念、スプリンターズS、マイルCS

 

 

6歳

 

高松宮記念、安田記念、スプリンターズS、マイルCS

 

 

 

兄 GI3勝、妹 GI13勝 でした。

 

 

対戦成績は、妹が11戦中8回先着し、その8回先着の中で GIを7勝しました。

 

 

 

 

こんなに成績に差がつくとは思いませんでした。



大してパラメータの違いはないのですが。



根性と気性が違っていますが、やはり根性が高い方が強いんですね。

 

 

妹がヴィクトリアMを2勝しているように、牝馬の方がGIを勝ちやすいとは思いますが、他の馬を見ても、芝中長距離のGIを複数勝てる牝馬が多いので、牝馬の方が強い仕様になっていると思っています。

 

 

それにしても、兄さんもスピードAなんだから、もっとGIを勝たないとダメですね😄

 

 

 

第53回 スプリンターズステークス 予想キャンペーン結果

  • 2019.09.29 Sunday
  • 18:33

人気馬で決まってしまいましたね。

 

 

読みが大外れで、いつものことながら ガッカリです。

 

 

1着に予想したミスターメロディが、もうひと伸びあれば という感じで惜しかったのですが、3着までの3頭がダメだと、けっこう自信があったので非常に残念です。

 

 

 

 

しかし それ以上に、中山9レースのサフラン賞で、POG6位指名のギルデッドミラーが3着に負けてしまったのが、非常にショックです。

 

 

相手が強かったのでしょうし、中山が合わなかったのかもしれません。

 

 

リアアメリアほどではなくても、相当な大物感があるので、問題なく勝てると思ったのですが、買い被りすぎたのかもしれません。

 

 

 

今は競馬のことはいいや という気分です。