余談「2019〜2020 POGドラフト」

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 00:09

18日土曜日に、ペーパーオーナーゲームの来期の指名馬を決めました。

 

 

 

私の指名馬の選び方は、例年と変えました。

 

 

今まで以上に、早期入厩馬を優先しました。

 

 

ノーザンファームは、去年から 今まで以上に早期に仕上げるという方針になった感じがします。

 

 

今までのノウハウの積み重ねがあるからこそだと思います。

 

 

サートゥルナーリア グランアレグリア ダノンファンタジー などが6月にデビューして、GIを勝ち クラシックでも勝ち負け出来る状況は、早期デビューの大成功と言えると思います。

 

 

そして、初仔と新種牡馬を敬遠していたのをやめました。

 

 

トーセンゲイルとラボーナで懲りたので、手を出さないことにしていたのですが、グランアレグリアとアドマイヤジャスタのケースから、早期デビュー出来るなら問題ないのではないかと思いました。

 

 

 

指名馬は以下の通りですが、馬名は母親名で、カッコ内は性別と父親名です。

 

 

 

1位

 

リアアントニア (牝 ディープインパクト)

 

 

2位

 

タピッツフライ (牡 ディープインパクト)

 

 

3位

 

コンドコマンド (牡 ディープインパクト)

 

 

4位

 

テディーズプロミス (牡 ハーツクライ)

 

 

5位

 

アパパネ (牡 ディープインパクト)

 

 

6位

 

タイタンクイーン (牝 オルフェーヴル)

 

 

7位

 

ルージュクール (牡 ロードカナロア)

 

 

8位

 

エリドゥバビロン (牡 ジャスタウェイ)

 

 

9位

 

アディクティド(牡 キングカメハメハ)

 

 

10位

 

アロマティコ (牝 エピファネイア)

 

 

 

 

 

 

1位のリアアントニアは、1歳から良いタイムを出し 3月に入厩した馬で、牧場での絶賛から ノーザンファームの全2歳馬の中でトップ級だと思いました。

 

 

この馬に目をつけたのは くりがしらさんのブログだったのですが、血統で注目でき、しかも もう入厩してるじゃないか ということで、すぐ1位指名に決めました。

 

 

6月1週目にデビュー予定なので、去年のグランアレグリアのようになるのではないかと期待しています。

 

 

 

2位のタピッツフライは、グランアレグリアの全弟なので、続けて活躍馬は出づらいと思うので、例年なら指名はしません。

 

 

この馬も牧場で動きを絶賛され、3月に入厩しました。

 

 

ディープ産駒の牡馬で500坩幣紊△襪里睥匹い任垢諭

 

 

6月デビュー予定ですし、姉さん同様の大物感を感じました。

 

 

母親のタピッツフライは亡くなってしまったことですし、この馬もGIを勝たせてやりたいなぁ と思います。

 

 

 

3位のコンドコマンドは、私の信頼する岡田牧雄さんが馬体を絶賛していました。

 

 

この馬は初仔なので、例年なら指名しません。

 

 

初仔を指名しない理由は、体が弱い馬が多いことと、母親が繁殖牝馬として優秀か分からないからです。

 

 

 

この馬は早期デビュー予定なので、体が弱いわけではないと思いました。

 

 

そして、初仔で活躍している馬がけっこういますので、牧場での評判が良ければ、それに乗っかってみるのもいいと思いました。

 

 

しかし フォイヤーベルグのように、牡馬なのに450圓發覆で呂魯魯坤譴竜いします。

 

 

この馬は480圓△蠅泙垢里如¬簑蠅覆い隼廚い泙后

 

 

 

4位のテディーズプロミスは、キーファーズさんの所有です。

 

 

これだけ聞くと、またハズレなんでしょ?と言われそうですが、セリで買ったわけでなく、ノーザンファームから庭先取引で購入したそうです。

 

 

あくまでも私の裏読みですが、キーファーズさんは高額で買った馬が勝つのに苦労している状況なので、ノーザンファームから この馬はどうですか とお話しがあったのかなぁと思いました。

 

 

この馬は7月の中京デビューの予定が出ているのですが、ダービーを勝ったロジユニヴァースも、ノーザンファームから庭先取引で購入し 早期デビューだったので、同じように大物ではないかと期待でいっぱいです。

 

 

そんな期待感があるのですが、他の人は気づいていないだろうと思って、4巡目にしました。

 

 

 

5位のアパパネはリストに入れていましたが、指名するつもりはありませんでした。

 

 

4位までで、指名予定の3頭が取られてしまったので、まだ残っている大物感のある馬と思い、アパパネにしました。

 

 

指名するつもりがなかったのは、やはり気性が相当悪いことです。

 

 

しかし、岡田牧雄さんが馬体を絶賛していることと友道厩舎ということで、アパパネの子供から もうそろそろ大物が出てもおかしくはないと思いました。

 

 

兄のジナンボーも早期デビューでしたが、そのあと一年以上レースに出れませんでしたので、この馬は早期デビュー後に順調にレースを使えるかどうかに注目したいと思います。

 

 

 

6位のタイタンクイーンは、牧場で動きがいいということで目をつけました。

 

 

オルフェーヴル産駒は、デビュー時に480坩幣紊覆い肇瀬瓩任呂覆いと思っています。

 

 

エポカドーロ ラッキーライラック ロックディスタウン が、そのぐらいの体重があり、シンハラージャ ジャミールフエルテ は450圓阿蕕い任靴拭

 

 

この馬はPOG本では475圓任靴燭里波妙ですが、馬体の成長でこの体重を維持して欲しいと思います。

 

 

米血主体なので、オルフェーヴルに合うと思いますし、なにより気性がおとなしいのがいいですね。

 

 

気性については、オルフェーヴル産駒なので、これから先どうなるか分かりませんが、函館デビュー予定なので、気性が悪くなる前に重賞を勝ってくれれば と思います。

 

 

3歳の活躍は期待していません。

 

 

 

7位のルージュクールも牧場での動きがいいということで目をつけました。

 

 

母の血統は、ロードカナロアに合うサンデーサイレンスとブサンダが2本あります。

 

 

そして、ロードカナロア産駒の牡馬活躍馬は、早期デビューが多いと思いますので、この馬も早期デビューできると思うことから、期待できます。

 

 

 

8位のエリドゥバビロンは、Gリビエール・レーシングの所有で、去年から この馬主さんの馬を探していまして、やっといい馬を見つけられました。

 

 

Gリビエール・レーシングはあまり馴染みがないと思いますが、エタリオウとジェネラーレウーノの馬主さんで、正体は というと、森岡幸人さん 大塚亮一さん 吉田勝己さん が共同で持っている馬主さんです。

 

 

優秀なアドバイザーの方がいらっしゃるとは思いますが、やはり吉田勝己さんが加わっているとなると、乗っからない訳にはいきません。

 

 

去年は、マツリダゴッホとエイシンフラッシュ産駒だったので指名しませんでしたが、この馬はジャスタウェイ産駒で札幌デビュー予定なので、活躍してもおかしくないと思いました。

 

 

多くの人に気づかれていない馬だと思いますので、アッと言わせたいですね。

 

 

 

9位のアディクティドは、これもあまり注目されていませんが、キングカメハメハ産駒の唯一の活躍馬になるのではないかと思っています。

 

 

今年のキングカメハメハ産駒は、体が大きくない馬が多いです。

 

 

キングカメハメハ産駒は骨太なので、体重があって当然なのに450圓阿蕕い稜呂多くて、牝馬でも450坩幣紊妊妊咼紂爾任ないとダメだと思います。

 

 

この馬は500圓△蠅泙靴董■況逎妊咼紂射縦蠅任后

 

 

ノーザンファームのクラブ馬で国枝厩舎なので、最近の傾向から期待できると思います。

 

 

 

10位のアロマティコは新種牡馬のエピファネイア産駒で、例年なら指名していません。

 

 

この馬も6月デビュー予定で、去年の話しですが、早期デビューできる新種牡馬産駒にハズレはない というのを読んで半信半疑だったのですが、アドマイヤジャスタが活躍したのを見て、信じることにしました。

 

 

血統については何が合うかは分かりませんが、活躍が有力な新種牡馬のキズナはノースヒルズ色が強いので、ノーザンファームはエピファネイア産駒に活躍してもらいたいはず と思います。

 

 

ノーザンファームのセレクトセールが7月6日から始まるそうで、新種牡馬の産駒がセール中に勝つとインパクトは強いですが、6月中に勝っても十分アピールできると思うので、この馬はルメールが乗って必勝態勢で来ると思います。

 

 

初めての新種牡馬産駒の指名なので、非常に楽しみです。

 

 

 

 

 

今回のドラフトは全体で1回だけの重複で、その重複はアパパネでした。

 

 

先ほど申しましたように、アパパネは気性が悪いので、外れてもあまり悔しさはなかったと思いますが、3人の抽選で私が勝てましたので、やはり嬉しかったですね。

 

 

去年は、抽選で2回とも勝ちましたし、すごくツイています。

 

 

こんなクジ運が強いわけないのですが😄

 

 

 

今回のドラフトは、何といっても リアアントニアを取れたことに尽きます。

 

 

相当な器だと思っていますので、GIを二つ勝って、来年の今頃はトップを独走していると思います😄

 

 

 

 

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ダビマス日記

Amazon

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM