余談「モーリス産駒」

  • 2020.09.27 Sunday
  • 20:09

モーリス産駒はよく分からないですね😄

 

 

最初の時は、道悪がダメ という感じでしたが、その後はタイムのかかる馬場が良い ということになりました。

 

 

1回叩いて勝つ馬が出てきましたので、最初のころは絞れなくて負けていた ということかもしれません。

 

 

カイザーノヴァのデビュー戦は464圓妊ロバー賞は452圓覆里如△修里阿蕕い梁腓さの馬が良い気がしますが、ピクシーナイトが528圓膿掲論錣魏勝しましたので、なんとも言えませんね。

 

 

1回叩いてセブンサミットが勝つかと思いましたがダメでした。

 

 

セブンサミットはしっかり調教をしていないので、そちらの問題だとは思いますが。

 

 

じっくり調教をして この時期まで待ったのだからルペルカーリアは勝つと思いましたが、勝てなかったのもよく分かりませんね。

 

 

しかし 勝った馬がモーリス産駒だったので、やはり この時期のデビューが良いのだろう とは思います。

 

 

 

 

ということで、モーリス産駒は信用できない と思っています。

 

 

ようするに、晩成ということなんでしょう。

 

 

牧場の評判をあっさり覆す馬が多くて、いつデビューできるか分からない馬が多いならば、来年5月段階のPOG指名はちょっと厳しい気がします。

 

 

指名するならば、カイザーノヴァが一番の活躍馬というのを考えて、社台グループ以外の生産馬を狙うのが良いかもしれません。

 

 

あと デビュー前までに指名できるPOG専用にして、じっくり見極めるのが良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

来年になれば、また新種牡馬産駒からの大物探しに躍起になって、モーリス産駒はどうでもよいことになると思いますし、モーリス産駒の血統傾向がいろいろ分かると思います。

 

 

ノーザンファームさんが、6月にモーリス産駒が新馬戦を6勝する と言っていましたが、来年は冷静に見て 楽しみたいと思います。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ダビマス日記

Amazon

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM